相続税を支払うことが出来ずに相続財産である不動産を売却するときには注意する必要があります。

まず、不動産を売却するためには不動産の名義を相続人に変更する必要があります。しかし、この不動産の名義を相続人に変更するためには、相続する人が確定している必要があります。つまり、不動産を売却する手続きを行う前にはその売却する不動産を相続する人を決めなければならないということになります

不動産を共同で相続をして共同名義で売却することも可能ではありますが、この場合には、相続人全員が売却手続きに関与する必要があるためにかなりの手間がかかります。出来るだけ手続きを簡単にするためには、相続をする人を1人に決めることが大切になってきます

相続税を支払うために不動産売却をしたものの、不動産を売却して相続税を支払う以外にも支払わなければならない税金があります。所得税や住民税の課税対象になるというケースです

他にもさまざまな費用が必要になってきます。これらの費用を支払った後、相続税を支払うことが出来るだけの売却益がある必要がある。ということをよく考えておく必要があります。