相続税は遺産を相続する時には相続財産の正味の遺産額をまず算出する必要があります

まずこの正味の遺産額は、土地や建物、預貯金といった財産から、借入金や未払金といった債務を差し引いた金額になります。もし、生命保険金や死亡退職金などが支払われた場合には、それぞれについて非課税限度額がこえた金額については加算されます

ちなみに、葬儀費用も債務と同様に差し引くことが出来、これによって計算された金額が正味の遺産額となります

この正味の遺産額から今度は課税遺産総額を計算して行きます。この課税遺産総額は、正味の遺産総額から基礎控除額を差し引いたものになります

この基礎控除は、3000万円+法定相続人の数×600万円という金額になります。例えば、法定相続人が2人いた場合には、3000万円+2人×600万円ですので、4200万円が基礎控除になります。

また、生命保険や死亡退職金の非課税限度額は、500万円×法定相続人の数になりますので、先ほどのように法定相続人が2人だった場合には、それぞれ1000万円までが非課税限度額になります。

計算された総課税遺産総額を今度は法定相続分で按分し、相続税の速算表に基づいて税率が決まっていますので、税率をかけたものが相続税になります。ただし、配偶者は法定相続分に対してさらに税額控除があります。