相続税の申告は、原則として被相続人が亡くなり、相続が開始になったことを知った翌日から10か月以内に行わなければなりません。もし、その該当日が土曜日や日曜日、祝日に当たった場合には、その翌日が期限ということになります。

しかし、この相続税の申告をするためには、相続する遺産が確定している必要があります。例えば遺産分割が確定していない場合などもあります。この場合には、とりあえず法定相続分にしたがって遺産分割をしたことにして、それぞれの相続人が相続税を支払うことになり、実際に正式に遺産分割が終わった後に、相続税の過不足を精算することになります

万が一、この10か月以内に相続税を申告し納税することが出来ない場合には、延滞税が課税されます。また、一気に相続税を納税することが難しい場合や、現金ではなく物納を希望する場合には、相続税の申告期限までに延納や物納に関する手続きを行う必要があります

もし、相続する正味の遺産額の合計が、基礎控除の範囲内であった場合には、相続税の申告や納税の必要がありません。この基礎控除の範囲内というのは、相続人の数によって変わってきます。