被相続人が亡くなり、悲しみに暮れている遺族にとって、悩みの種となるのが相続税になってきます。

ある程度の遺産があるという人の場合は、相続税を納税することになりますが、この相続税の計算はなかなか難しく、中には相続税の申告期限である相続開始を知った日の翌日から10か月後の期限までに申告が出来ないケースもあります

もし、申告が遅れてしまうと、延滞税を支払ことになります。この延滞税というのは、税金の納付などが遅れた場合に課税される税金になります。この延滞税は、年率14.6%(ただし、延滞が2ヶ月以内の時には年率7.3%もしくは、前年の11月30日に日本銀行が定めている基準割引率に4%を加えた年率のいずれか低い割合)が課税されることになります。

この延滞税はかなり年率が高い税金になりますので、10か月以内という相続税の納税期限に遅れることがないようにしておきたいものです

もし、相続の申告書自体を提出し忘れていて、後で気が付いて申告書を提出した場合には、税金総額の5%が無申告加算税として課税され、税務調査によって申告期限を過ぎて提出した場合や決定があった場合には税金総額の15%が無申告加算税として課税されます